iアプリ「Multi Loan」

REIFA Lite

REIFA Lite

REIFAがExcel2013でも利用可能となりました!

不動産投資分析ソフト「REIFA(リーファ)」のご紹介

賃貸アパート・マンション経営や、ワンルームマンション投資などの不動産投資にご興味をお持ちの方は少なくありません。
その一方で、ほとんどの方が、不動産投資案件の本当の利回りを把握する方法や、国債・投資信託・株式などへの投資と比較検討をする有効な手段を持っていないのが現実です。

昨今のように景気が不安定で、不動産価格が将来どうなるのか全く検討が付かない状況では、従来のように不動産の値上がり益(キャピタルゲイン)だけを狙ったり、表面利回りだけで判断するような不動産投資はもはや成り立ちません。

「REIFA」は、DCF法に基づいた不動産投資分析ソフトです。
不動産の運営により得られる利益(インカムゲイン)と、将来の売却により得られる利益(キャピタルゲイン)の両方を予測し、それらの時間的価値が投資額に対して見合うかどうかを即座に分析することが可能です。

「REIFA」は、旧名称(「不動産投資DCF法レバレッジ方程式」)での販売開始以来、大手不動産会社や不動産投資ファンド運営会社をはじめ、中小規模の不動産会社や個人投資家に至るまで、幅広くご利用頂いています。

以下はお客様の声からの一部抜粋です。

「昨今の金融情勢から銀行とは厳しい交渉が続きましたが、御社のソフトを用いて説得し押し切りました。」
「社内はもちろんのこと金融機関への説明も容易にでき、判断が速くできるようになりました。」
「融資を受ける際のプレゼン資料にも使用できますのでおすすめです。」
「このソフトを使うことで不動産投資のうまみがどこにあるか把握できるので、投資家の方だけでなく、仲介業者・金融機関の方など関係者全員にとって必須のソフトだと思います。」
「アパートを所有しており、もう1棟購入の際に使わせていただきました。インターフェースなど、大変よくできたソフトで、正直他のソフトと段違いの完成度だと思います。」
「大変便利で非常に助かっております。今となったら、このソフトでの検証なくしては、購入は考えられないと言っても良いほどです。 」

次はあなたが、不動産投資判断に「REIFA」をご利用下さい!

商品構成

・REIFA本体(Microsoft Excel版/動作環境はこちら
・不動産投資分析テキスト(PDF版・全45ページ)
・操作マニュアル(PDF版・全37ページ)

販売価格

1ライセンス39,800円
※ご購入後1年間のバージョンアップ費用は無料です。

REIFA無料試用版を配布中!

REIFAを14日間、無料でご利用頂けます。REIFA無料試用版は、こちらからダウンロードできます。


綜合ユニコム㈱主催「不動産投資分析入門講座」のお知らせ

この度、「月刊プロパティマネジメント」の綜合ユニコム株式会社により、不動産投資分析入門講座が開催されることになりました。
本セミナーでは、「不動産投資分析ソフトREIFA(リーファ)」が演習ツールとして使用されます。

実務に役立つ演習形式 不動産投資分析入門講座【演習】

  • 講師:寺嶋 峻 Terra FM,Inc. テラ フィナンシャル マネジメンツ代表
  • 開催日時: 2010年7月27日(火)13:00~17:00
  • 会場:ネクストワークス・ラーニングセンター
    東京都品川区上大崎2-27-1 サンフェリスタ目黒8F
  • 参加費 39,900円(1名様につき)
    (消費税および地方消費税 1,900円含む)
    同一申込書にて2名以上参加の場合は37,800円(1名様につき)
    (消費税および地方消費税 1,800円含む)
    ※テキスト代を含む。
  • 詳細情報及びお申込方法につきましては、こちらをご確認下さい。
    http://www.sogo-unicom.co.jp/pbs/seminar/2010/0710.html

「IRR&NPV簡易計算ツール」掲載のお知らせ

不動産投資に関連するシミュレーションツールを簡単にご利用頂ける「WEBツール」ページに、新たに「IRR&NPV簡易計算ツール」を設置しました。

「WEBツール」ページ設置のお知らせ

このたび、不動産投資に関連するシミュレーションツールを簡単にご利用頂ける「WEBツール」ページを設置しました。

第一弾として、「ローンシミュレーション」をご用意しました。
元利均等と元金均等の2つの返済方式が選択可能で、分かりやすいグラフと共に、返済予定表を月単位または年単位で表示します。

REIFAバージョンアップのお知らせ

本日(2010年4月19日)、不動産投資分析ソフトREIFA(リーファ)バージョン1.03をリリースしました。

新バージョンでは、複数の分析結果を一覧で比較可能な「分析結果比較機能」をはじめ、物件を保有し続けた場合(売却を想定しない場合)のシミュレーション機能や、建物及び附属設備の減価償却を詳細に設定できる機能など、旧バージョンから大幅な機能追加をおこなっております。